絶対に知っておくべき!カビ取り剤のおすすめ10選「これで家中ピカピカ」

水周りや湿気の多い場所など、カビが発生し落とすのに苦労したという方も多いのではないでしょうか。

知らずに放っておくとカビが素材の奥まで根をはり、表面だけを何度も何度もこすり落とす作業になってしまいます。

カビは体にわるく、場合によっては病気にもなりかねないので、キレイに根こそぎ落とさなくてはいけません。

そこで、ここでは嫌なカビがしっかり取れる、おすすめのカビ取り剤をご紹介します!

カビの原因と正体

カビの正体

カビの正体は大きく分けて3つあり、一般的にいわれている「カビ」は簡単にいうと「菌」です。

微生物の一種で「糸状菌」というものです。緑や白などカラフルなカビの多くはこの糸状菌です。

「キノコ」や「酵母」もこのカビの仲間です。

キノコも?と思われるかも知れませんが、れっきとしたカビの一種です。またパンを作る時に使用するイースト菌も酵母で、カビの仲間です。

カビの原因

カビが発生するのには条件がいくつかあります。それは次の通りです。

  • 湿度・・・カビが最も好む湿度が75%以上。増殖するスピードも速くなります。
  • 温度・・・カビの種類にもよりますが、基本的に20~30℃程度がいちばん活発です。
  • 栄養・・・ホコリ、皮脂、垢、水垢、汚れ、食品など有機物なら何でも。

これらを総合すると、やはり「浴室」や「キッチンの排水溝」などを思い浮かべる方も多いでしょう。

カビにとって最高の条件が整っている場所ともいえます。

こまめに掃除をしてカビが発生する条件を作らないことが、第一です。

おすすめのカビ取り剤10選

夏は特に温度や湿度が高いのでカビが発生しやすい時期ですが、冬でも関係ありません。

家中どこでも条件さえそろえば発生しまいますが、そんなカビを根こそぎやっつける「カビ取り剤」をこれからご紹介します。

ぜひ、参考にしてみてください。

カビトルデスPRO防カビ剤配合 強力密着ジェルタイプ150g

こちらは強力なジェルでカビに密着し、液だれもなく天井にも使用できる優れもの。

ジェルに赤く色がついているので、流し忘れもありません。浴室のゴムパッキンやタイルの目地に最適です。

特に浴室や洗面台、キッチンの水周りに発生する「黒カビ」に効果絶大です。

ジェルをしっかり落としたいカビの上に塗り、半日ほど放置し流すと気持ちいいほどカビが落ちます。

またジェルを塗った上からラップなどをかぶせ、しっかりおさえることで、カビの根元から落とす事ができます。

漂白の効果もあるので、ピカピカになること間違いなしです。

ただ塩素が入っているので、木材に使用すると塗料が傷む可能性があるので、心配なら木材専用のカビ取り剤を使用することをおすすめします。

頑固な浴室のカビに悩んでいる方は、ぜひ試してほしい商品です。

カビキラー400g

カビ対策の定番中の定番、「カビキラー」です。

こちらもまた浴室のカビ対策で、強力除菌のスプレータイプです。

知らない人はいないほどのロングセラー商品です。

強力な浸透力で成分がカビの根っこの奥まで届き、表面だけではなく根っこからのカビ取りを発揮してくれます。

カビ取り成分である「炭酸アクチベータ」を配合しており、浴室にたまっている石鹸カスなども分解するので、カビと一緒にそういった気づきにくい汚れも一掃します。

スプレーをひと吹きしたら5分放置し、後はシャワーで洗い流すだけです。

面倒なブラシでこする作業もなくキレイにカビ取りができます。

長年の人気商品でおすすめです。

カビホワイト 防止スプレー300ml

こちらは水周りだけでなく、壁紙、押し入れ、靴、木製家具、ソファー、衣類、カバンなどあらゆる箇所のカビを防止してくれる、何とも頼もしいカビ取りスプレーです。
※食器など直接口に入るものは不可。

アルコールのように瞬時に蒸発しない特許技術を配合することにより、スプレーした箇所にアルコールが長時間とどまります。

この作用で、カビのエサとなるバクテリアすら発生することがありません。

バクテリアが発生しないということは、消臭効果もありいつも清潔を保つことができます。

スプレーした後は触らずそのまま乾燥させ、その上からもう一度スプレーすると、よりカビ防止効果が高くなります。

乾燥すれば人には無害なので安心です。

こちらは「カビを防止する」ためのスプレーなので、こちらで紹介する他の「カビ取り剤」でカビを完全に除去してから使用することをおすすめします。

予防したい場所にまんべんなくスプレーしましょう。

強力カビハイター400ml

こちらは浴室用カビ取り剤で、ハンディスプレータイプのものです。

浴室のカビといえば、ゴムパッキンについた黒カビです。

カビ取り剤を使わなくても、こすれば表面上は落ちますがカビの根までは落とせません。

ですが、こちらは頑固なゴムパッキンの黒カビも根こそぎ落とす強力なカビ取り剤として人気です。

また泡なので液だれせず浴室の天井にも使えるのも嬉しいです。

浴室の天井は水滴がつきやすく、手が届かない場合も多いので、意外とカビが発生しやすい場所でもあるので、この強力カビハイターで撃退してしまいましょう。

ただ「ハイター」なのでニオイがちょっとキツイかもしれません。使用する時は換気を忘れずにすることをおすすめします。

使用方法としては、カビのところにスプレーし30分ほど放置してから、水で流すだけなので簡単です。

カビとり一発500g 業務用ジェル

こちらはジェルタイプのカビ取り剤で、500gとたっぷり使える容量となっています。

ゴムパッキン、シリコンコーティング、タイルの目地、シャワーカーテンなどに発生した黒カビを除去してくれます。

ジェルをカビのところに塗り、数時間(1~24時間)放置し水で洗い流すだけで、真っ黒なカビも真っ白に劇的に落ちます!

チューブの口先が細く、狭いところや細いところにも塗りやすくなっているので、伸ばしたりする手間もはぶけ簡単です。

頑固なカビには洗い流す時に、歯ブラシなどがあるとより一層キレイに落ちます。

ニオイは全くないわけではありませんがあまり気になりません。

ただ、数時間放置する場合などの換気は忘れずにしましょう。

頑固な黒カビや長年の汚れた箇所に、おすすめのカビ取り剤です。

業務用カビ取り泡スプレー500ml

こすらずに落とせる業務用の泡スプレーカビ取り剤です。

浴室はもちろん、排水溝や洗面台のヌメリ、壁紙の黒カビ除去など家中に使えて便利です。

ニオイを抑えた低臭タイプでホテルや、スポーツクラブ、スーパー銭湯に介護施設などでも使用されたプロユース仕様なので、安心して使うことができます。

また黒カビだけでなく、ピンクカビにも効果があり、頑固なカビの根にはキッチンペーパーなどでパックをするように覆いながら放置すると、よりキレイに落ちます。

こちらは業務用なので、詰め替え用もあり中身がなくなっても新たにボトルごと買い替える必要はありません。

2Lの詰め替え用を購入しておけば、かなり重宝すること間違いなしです!

木製の家具などは、カビ取り剤によっては色が変わってしまうものもありますが、こちらの商品は本棚やタンス、下駄箱やなんと書籍そのものにも使用できる優れものです。

さすが業務用と言わざるを得ません。家中のカビや汚れはこれ1本でキレイになるといってもいいでしょう。

バスマジックリン泡立ちスプレー防カビプラス380ml

浴室用の防カビスプレーです。

泡が汚れにはりつき効くので、浴槽の湯垢や皮脂汚れもキレイに落とします。

水で流しても水切れが早く速乾性があるので湿気をなくし、カビの発生を防ぎます。

汚れがひどい場合は、スポンジなどで軽くこすって洗い流しておくことをおすすめします。

また、この商品は「防カビ剤」なので、すでにカビが生えている箇所は、最初に他のカビ取り剤などでカビを落としてから使用しましょう。

使い方も簡単で、シャワーなどで全体をぬらしてから、汚れの箇所にスプレーし20~30秒ほど放置してから洗い流します。

これだけです。汚れがひどい時は、数分間おくとより効果的です。

また、除菌効果もあり、該当箇所の水分をふきとり、直接スプレーして5分ほどおき洗い流すだけで除菌作用も期待できます。(※すべての菌を除菌するわけではないので、プラス効果として考えておきましょう)

オキシクリーンSTAINREMOVER 4.98kg

こちらの商品は、コストコで人気の汚れ落としのスペシャリスト、「オキシクリーン」です。

洗濯用洗剤でカビ取り専用ではありませんが、あらゆる汚れを落とすと評判の商品です。

なんと101種類以上もの汚れに効果を発揮します!衣類はもちろん、頑固な油汚れ、シミなども簡単に落とす洗浄力がすごいです。

また元々、布製品やキッチンまわり、食器や家具などの漂白剤として力を発揮するので、カビにも効果があります。

浴室の椅子などはカビが発生しやすい場所にも効果は抜群です!

粉末剤なので少し粉っぽいですが、カーテンやソファーカバーなどもつけておけば、汚れやカビも一気に落としてくれます。

4.98kgと大容量なのはさすが「コストコ」といったところです。これだけあれば、こまめに買い足すことも必要ないのではないでしょうか。

これひとつで、家中の汚れやカビがキレイになるのでとても重宝する洗剤です。

コストコが近くになくても、通販でも購入できるのでぜひ試してみてください。おすすめの商品です。

キッチンハイター2.5L

みなさんご存知の「キッチンハイター」です。

その名の通りキッチン製品用の漂白剤です。

食器やガラス器、竹製品に陶器、メラミン以外のプラスチック製品などキッチンアイテムに使用します。

布巾やおしぼりなども使用できますが、「白色」のものがいいでしょう。

主な用途は、漂白、除菌、除臭、台所用洗剤では落ちないシミ、茶シブ、くもり、黒ずみなどをキレイにします。

また、調理に使用したまな板や小物などの雑菌、悪臭もしっかりと取り除きます。

2.5Lとなかなかの大容量で、定期的に使用すればカビが発生しやすい、弁当箱のゴムパッキンやまな板などもカビのエサとなるものが除菌されるので、防カビ効果につながります。

この商品の良いところは、「短時間」で頑固な汚れが落ちるということ。茶シブやコーヒーの黒ずみなどは、2~3分つけただけで落ちます。

ただ、こちらは原液では使用しないでください。皮膚や粘膜を刺激したりする場合があるので、必ずお湯か水で薄めて使用しましょう。

激落ち カビ取りジェル100g

大ヒット商品、激落ちくんシリーズの、カビ取りジェル100gです。

ジェルなので液だれせず、また口先が細くなっているので、細かい目地や窓のサンなど塗りにくい場所にも簡単に塗ることができます。

ツーンとした刺激臭も少なく、ニオイを抑えているので塗って放置する時間が長くても嫌な感じもなく、掃除がしやすいです。

ただ浴室は狭い空間なので空気がこもりがちです。必ず掃除をする際は換気を忘れずにしましょう。

長年放置されたひどいカビにも効果絶大で、正直カビキラーなどのスプレータイプよりもこういったジェルタイプがおすすめです。

これは粘性がかなり強いので天井に塗っても液だれもせず、効果を発揮するのでとても優れたカビ取り剤です。

汚れがひどい場所ほど、放置時間を長くするとより高い効果を得られます。

ゴムパッキン、タイル目地、シャワーカーテンに小物など、浴室は湿度が高くカビがどこにでも発生するので、こういった粘性の高いジェルタイプのカビ取り剤は、とても重宝します。

頑固な汚れがあるという方におすすめです。

根元からカビ取りをして家中ピカピカ

数あるカビ取り剤の中から、おすすめの10品をご紹介しましたがいかがだったでしょうか。

カビは条件さえ整えば、どこにでも発生します。「高温」「多湿」「えさとなる栄養源(汚れ)」これらがそろい、さらにこれらを放置することで、カビのもととなる菌が増殖していきます。

このカビは人間の体内に入ると、全ての種類ではありませんが、健康を害するおそれがあるので生活環境の中にカビを常備させてはいけません。

見つけたら除去する、もしくは、カビを発生させない環境を作ることが大事です。

見た目にもいい感じはしないし、何より気持ちが悪いです。

初めにお話したように、キノコや酵母など体に良いカビもあることは確かですが、汚れから発生したカビはいち早く取り除きましょう。

同じカビでも、「良いカビ」と「良くないカビ」を知り、うまく付き合っていくことで家もキレイになり、健康にも一役かってくれるのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)