片付かないキッチンは100均で解決!誰でもできる簡単収納術の実例集

片付かないキッチンは100均で解決!誰でもできる簡単収納術の実例集

キッチンは家の中でも物が多い場所です。

調理器具から食器類、調味料に食材・・・また、調理家電も多く設置されています。

そんな物が多いキッチンですが、皆さんはどのように収納をしていますか?

元々広く収納が充実しているキッチンならそれほど困る事もないですが、賃貸などはあまり広くなく収納も限られたスペースしかないので大変です。

しかしそんな狭いキッチンや物が多くても、100均で手に入る物で全て解決できるんです。

100均には様々なアイテムがあるのでアレンジもし放題ですし、何よりも低コストなのが嬉しいところです。

それでは物で溢れるキッチンを、100均アイテムで整理整頓する収納術の実例をご紹介します。

キッチンは物が多い!100均アイテムで簡単解決!

キッチンは物が多い!100均アイテムで簡単解決!

キッチンは小物のオンパレードです。

  • 食事に必要な物(箸、スプーン、フォーク、ナイフ、ストローなど)
  • 調理に必要な小物(トング、お玉、フライ返し、計量器具、木べら、ピーラーなど)
  • 調理に必要な器具(ボウル、ざる、まな板、すり鉢、すりおろし器、スライサーなど)

他にもたくさんありすぎて書ききれませんが、形も大きさも様々なため収納に苦労する物ばかりです。

そんなキッチンの小物たち使い勝手良くするためにはどのようにしたらいいのでしょうか。

100均アイテムを活用したアイデア収納術の実例をご紹介します。

キッチンを100均で使いやすくする収納術

キッチンを100均で使いやすくする収納術

小物の収納は100均にある商品ですぐに片づけられます。

収納に特化した商品も多数取り扱っているので、自己流にアレンジしたりそのままでも使えるアイテムが揃っています。

特にBOX系や箱物は種類も豊富で、折り畳める物も多くカラーバリエーションや柄物もあり、キッチンの収納に使える物ばかりです。

もちろんそれだけではありませんし、箱物は場所を取るのでキッチンの壁面収納に使えるアイテムも多数あります。

例えば、ワイヤーネットやすのこなどは薄くアレンジしやすいので、DIY好きな主婦に大人気です。

色んなアイテムで自分仕様のキッチンを演出してみましょう。

見せる収納術もまたおしゃれです。

キッチンの収納術「鍋・フライパン」

鍋やフライパンは形、深さ、大きさの違いから収納に苦労する物の一つです。

重ねてしまうと下の物が取り出しにくく、とても使い勝手が悪いです。

シンクの下の収納場所は比較的広いですが、そこに100均アイテムを利用し使い勝手を良くしましょう。

突っ張り棒とファイルBOXがあれば、鍋やフライパンを簡単に収納できます。

シンク下の上部に突っ張り棒を2本平行に突っ張らせて、その上に小さめのフライパンや鍋蓋を置きます。

その下にファイルBOXを縦に置き、それに大きめのフライパンや底の浅い鍋や手鍋を縦に入れ収納します。

縦に置く事で重ならず、「取り出しやすく、入れやすい」収納になります。

さすがに中華鍋のような大きな物はファイルBOXには収納できませんが、普段料理に使用する程度の大きさの物なら、大抵は大丈夫です。

数百円から千円前後でできますので、是非100均収納術を試してみてください。

キッチンの収納術「調味料」

キッチンの小物と言えば、「調味料」です。

料理が好きな人は特に数も種類も多く揃えていますし、収納場所もガス台周りに置いてある人も多いですが、意外と知られていないのが、火の近くに調味料を置くとオイル系は酸化しやすく、他の調味料も味が落ちてしまいます。

そのためあまり火の近くに置かない方が良いのですが、そこで100均アイテムを使用します。

簡単なのはワイヤーネットと専用のネットカゴを合わせて、カゴの部分に調味料を入れていく方法です。

ワイヤーネットは壁面収納ができるので、場所を取らず小物整理ができます。

また、蓋に接着剤などで磁石をつけた透明容器に調味料やスパイスを入れ、キッチン上部に磁石(ぶんちんなど)を取り付けた所にくっつけるだけで、おしゃれな見せる収納術になります。

今は冷蔵庫などに付けられるように、最初から磁石でできた容器が売っているので、そういうアイテムを利用しても良いです。

キッチンの収納術「食器類」

食器類もまた数多く所有している人も多いので、キッチンで収納に困る物の一つです。

食器好きな女性も多く、使用せずにインテリアとして家の中に飾っている人も少なくありません。

家族が多ければそれに比例して数が多くなるか、食器の大きさも大きくなってくるので、それも収納に困る理由に挙げられます。

しかも陶器が多い食器は重さもあり、重ねると取り出しにくくなるのでかさばります。

そこで100均で手に入る、皿用スタンドを利用しましょう。

木製、プラスチック製、スチール製などあり、形も様々で横に数個並べれば、たくさんの皿が一気に収納できます。

他にも使えるのがファイルBOXです。

薄型の皿を縦に入れれば、かさばる事なく取り出しやすく収納しやすくなります。

このように普段横に使用する物を縦にする事で、利便性に優れ使がっての良い収納術になります。

BOX系は落ちて割れるのを防ぎ重宝するので、是非試してみてください。

キッチンの収納術「冷蔵庫」

冷蔵庫の中、つまり食材や調味料なども収納に困る物の一つです。

大きさや形に定まりのない冷蔵庫の中は、100均で購入できる収納BOXが便利です。

100均には様々な大きさの収納BOXがあり、袋物の食材や瓶類なども散らからずに収納できます。

野菜室は一番収納に困る場所ではないでしょうか。

収納方法としては、ニンジンやキュウリなどそもそも縦に育つ野菜は、できるだけ縦に収納した方が長持ちしやすいので、100均のアクリルやプラスチック製のペン立てを使用し、立てて収納すると良いです。

長くて入らない場合は半分に切って入れましょう。

大きな野菜は使いやすい大きさに切って、保存袋に入れると隙間ができずきっちりと収納できるので良いです。

チューブ系の調味料は、フック付きの洗濯ばさみやクリップを利用し、冷蔵庫のドア側に引っ掛けると便利です。

また、収納BOXには入れた物が分かるように、シールで名前をつけておくと使いたいものがすぐに取り出せます。

冷蔵庫の中は種類豊富なので、賢い収納術が必要となりますが、収納BOXの色を白に揃えると清潔でキレイに見えるのでおススメです。

キッチンの収納術「ゴミ袋」

キッチンにある物の収納で、必ず使用するゴミ袋ですがこちらも意外に収納に困る物です。

今はそれぞれに有料のゴミ袋を設定している地域も全国的に多いので、「燃えるゴミ袋」「燃えないゴミ袋」など種類別になっていて、その容量も5L~70Lまで様々です。

これらの分類だけでも結構ありますが、スーパーの袋も結構溜まっていくので、細くしぼり結んでしまうとかなりかさばってしまいます。

そんな袋類は100均で解決できます。

「キッチン消耗品収納ケース」というケースが便利です。

この商品は袋広げて重ね、二つ折りにしてからこのケースに入れるだけで、真ん中に空いた取り出し穴から簡単に1枚ずつ袋が取り出せる便利商品です。

袋の大きさがあまりにも大きいと折っても入らないので、45L程度までにしましょう。

この商品の原理を真似すれば、他の100均アイテムに少し切り込みや穴を開けて、大きな袋も収納できます。

スリムなケースに入れる事で、キッチンの隙間や壁に掛ける事もでき、賢い収納術と言えます。

キッチンの収納術「パントリー」

パントリーは保存食や飲料、調理器具などを多数置いておく場所ですので、賢い収納術が必要となります。

ストックする物が多いと場所を取るので、できるだけBOXの同じ大きさ、色で揃えるのが見た目にもスッキリとさせる収納術です。

先ほども冷蔵庫の収納に使用した100均の収納BOXや、ファイルBOXを同じ色や大きさに統一して、利用しましょう。

特に「白」という色は、清潔やキレイという印象が強く、あらゆる収納に一役かっています。

食べ物をストックするという意味でも、見た目に清潔な方が良いです。

100均にある収納アイテムには、BOXだけではなくカゴもあるので、食材に対して通気性がある方が良い物を入れるのに適していると言えます。

最近は全国的に地震が多いので、物が飛び出す心配がありますが、BOXの下に100均で購入できる滑り止めマットを敷くのも一つの手段です。

もしくは収めた収納BOXの手前側に、突っ張り棒を横に突っ張らせて飛びださないようにする事もできます。

パントリーは食料や飲料などが多いので、重さのある物が多くあります。

うまくBOXなどに小分けして、一つ一つの重さを軽減する事も使い勝手を良くする方法です。

キッチンの収納術「キッチンツール」

キッチンツールはどのご家庭でも多種多様な物があると思いますが、どのように収納されていますか?

食事に使う箸やスプーンから始まり、調理に使うトングやお玉、キッチンばさみにピーラー・・・挙げればきりがありません。

これらは比較的大きくなく場所も取らないように思いますが、意外にそうでもないのです。

箸やスプーンは数があっても、形が同じなので狭い引き出しなどでも一緒に収納できますが、お玉やフライ返しなどは形が特殊なため、「収納」というカテゴリーにはなかなか収まらないイメージがあります。

ですので、これらの場合大抵はキッチンのどこかしらに、「吊り下げて」収納している人が多いです。

100均にあるワイヤーネットは、とても便利に使えるので重宝するアイテムです。

キッチンの壁に取り付け、専用のフックを引っかければお玉などは簡単に吊り下げ収納ができますし、また、専用のフック付きカゴを組み合わせれば、スプーンや木べらなどのかさばる物も一緒に収納できます。

一緒によく使うスパイスや調味料をカゴに入れても便利です。

ワイヤーネットは大きさも様々なので、キッチンの場所に合わせて使用できるのと、実は折り曲げられるのでアレンジが自由自在にできるのも、優秀な商品です。

カラーバリエーションも白、黒、ピンク、シルバーなどがあるので、自分好みに繋げておしゃれな収納術を演出してみましょう。

キッチンの収納術「シンクの下」

シンクの下はキッチンの収納場所として大変活用されている場所の一つです。

よく収納されるのが、鍋、フライパン、ボウルやザル類など比較的大きめの調理器具が多い傾向にあります。

鍋やフライパンなどは、毎日のようによく使う物でもあるので、ついシンクの下に重ねて置いてしまいがちですが、この記事の最初にお話したように、ファイルBOXなどに入れて縦に収納すると、よりお便利に使えます。

シンクの下は奥行も高さもそれなりにあり広いので、ファイルBOXを何個か並べれば、大きくて食器棚に入らなかった大皿なども一緒に収納できます。

シンクの上部には突っ張り棒を渡して、鍋の蓋や軽いザル、まな板なども収納できて広いスペースを無駄なく使う事ができます。

また、突っ張り棒を高さを変えて、奥を高く手前を低く渡しそこへネットカゴを乗せれば、お手軽な収納BOXの完成です。

食器洗い用のスポンジや、食器洗剤、布巾やゴミ袋などの掃除用具系の小物が収納できます。

シンクの下は普段見えない場所なので、ついゴチャゴチャしがちですが100均のアイテムだけで、使いやすくする事は十分可能なので是非試してみてください。

100均をうまく利用して賢い収納術を実践してみましょう。

見せる収納術と隠す収納術でおしゃれなキッチンに

キッチンはとても物が多い場所です。

普段使いをする物だけでも相当な種類と数があります。

また調理家電も多く、それに応じて専用器具や容器なども増えてしまい、結局収納場所がなく「出しっぱなし」になりがちです。

色や形に統一性のない物も多く、一見してキレイに見えないキッチンも多いです。

整理整頓は色や形を揃えると清潔でキレイに見せるコツです。

今はDIYで「見せる収納術」が流行っているので、おしゃれなキッチンをSNSに投稿している人もたくさんいて、それを参考にしてまたアレンジ・・・という風に、どんどんDIY収納術も「進化」しています。

食器棚や専用の収納BOXの既製品は、金額的にも結構する物も多いので、100均アイテムでできるならこんなに嬉しい事はありません。

「見せる収納術」と「隠す収納術」をうまく使い分けて、おしゃれでカッコいいキッチンを作ってみてはいかがでしょうか。

100均で全て済むので、コストパフォーマンスにも優れていてこの記事内の方法を全て実践しても、数千円で済む程度です。

おすすめの収納術をご紹介しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)