洗濯物の嫌な臭いの原因は?100均でも買えるアレで解消!

洗濯物の嫌な臭いの原因は?100均でも買えるアレで解消!

洗濯物の嫌な臭いの原因は!100均でも買えるアレで解消!

私たちが普段の生活の中で日常的にしている事の1つに「洗濯」があります。

誰でも洗濯の一度や二度はした事があるのではないでしょうか。

たとえした事がなくても、今は洗剤さえ入れれば洗濯機が自動で洗ってくれますので、簡単です。

そんな洗濯物ですが、「梅雨時期」やつい「干し忘れて数時間放置していた・・・」などの理由で、せっかく洗濯をして良い香りがするはずなのに、いや~な臭いがするなんて経験はありませんか?

こうなってしまうと、「何度洗濯をしても」嫌な臭いは取れません。

それはなぜなのか?

どうやったら嫌な臭いが取れるのか?

実は誰もが知っているアレで簡単に解消できるんです。

その秘密をこれからお話します。

そもそも嫌な洗濯物の臭いの原因とは?

そもそも嫌な洗濯物の臭いの原因とは?

誰でも一度は嗅いだことがある、アノ洗濯物の生乾きのいや~な臭いの原因とは一体何なのでしょうか?

普通に良い香りで成分もちゃんとした洗濯洗剤を使用しているにもかかわらず、なぜか臭い・・・また洗濯しなきゃ・・・と何度も洗濯機を回すはめになった、という人も多いのではないでしょうか。

しかしやっぱり何度洗濯をしても、嫌な臭いが取れない・・・それには原因があります。

ズバリ臭いの原因は「雑菌」です。

ジメジメとした梅雨時期や、干し忘れで中途半端に「生乾き」のまま放置していると、せっかくキレイに洗ったはずの洗濯物に今度は雑菌が繁殖します。

細かく言うとこの雑菌の正体は「モラクセラ菌」という雑菌なのですが、このような雑菌は湿気を好むため、洗濯後はできるだけ早く乾かした方が雑菌が繁殖せずに済みます。

それではどんな素材の物にこの雑菌が繁殖しやすいのでしょうか。

洗濯物の臭いの原因菌は、こんな素材が好き

洗濯物の素材にはいくつかの種類があります。

普段私たちが着ている服の生地だけでもその種類は豊富ですが、実は服の素材よりも「雑菌が付きやすい」素材があります。

それは「タオル」です。

皆さんも洗濯物が乾いているのに、なぜかタオルだけ臭いがする・・・といった経験があるのではないでしょうか。

タオルの元々の目的は、「水分を吸収する事」です。

お風呂の後に身体の水分を拭き取るのを思い出してください。

お風呂で体をキレイにしたのだから、タオルで拭いたってキレイでしょ!と思われるかも知れません。

しかし、私たちの体の表面には「皮脂」があり、お風呂に入っても少なからず体に付いている物です。

タダでさえお風呂上がりの水分をたっぷり吸収したタオルなのに、更に私たちが持っている菌をタオルに付ける事になります。

ソレを「放置」すると、雑菌がどんどん繁殖して臭いを発します。

できれば体を拭いたらすぐに洗濯をするか、干して乾かす事をおススメします。

お風呂の残り湯は洗濯物に良いの?

お風呂の残り湯は洗濯物に良いの?

よく前の日のお風呂の残り湯を洗濯に使用する、という人がいますが使用するなら「一番最初の洗いだけ」に使用してください。

上記でもお話しましたが、お風呂の浴槽にも入った人の皮脂やアカ、被包などが皮膚からはがれて含まれています。

浴槽に時々白い物が浮いているのを見た事がありませんか?

アレです。

その残り湯で洗濯をする・・・洗剤を使っているし、すすぎもするから大丈夫!何よりそのままお湯を捨てるのはもったいない!と思って使用している人も多いと思います。

しかし!ちょっと待ってください!

その残り湯は「いつ」洗濯に使っていますか?

統計だと翌日の洗濯に使用している人が多いのですが、実はコレはあまり良くありません。

理由は次でお話します。

なぜお風呂の残り湯を使うのは「洗い」だけなの?

先ほども話しましたが、単純に一度人が浸かったお湯の雑菌は翌日まで「放置」する事で、その数が1000倍にまで増殖します。

使っても構わないのですが、最初にお話した「最初の洗いだけ」に使用する、という意味はここにあります。

そしてここで注意して欲しい事が一つあります。

すすぎは「必ず水道水で」行いましょう。なぜか?

もう一度同じ事を言いますが、雑菌を沢山含んだ残り湯ですすぎをする・・・これでは洗濯をする意味が全くありません。

汚れた洗濯水を流し、汚れた残り湯ですすいでも最終的には、時間と電気代の無駄に終わってしまいます。

お風呂の残り湯をそのまま捨てるのは確かに少しもったいない気もしますが、一番良いお風呂の残り湯の活用法は、「雑菌が増殖する前、つまりお湯が暖かいその日の内に」使用するのが最適です。

水とお湯については後でお話しますが、何より「雑菌を増やさない、溜め置きしない」事が一番です。

それが洗濯物に嫌な臭いをつけない、お風呂の残り湯の活用方法です。

洗濯物にはお湯と水、どちらが良い?

洗濯物にはお湯と水、どちらが良い?

皆さんは洗濯をする時に、水とお湯、どちらを使用していますか?

大体の人は、水道水かお風呂の残り湯を使用して洗濯をしているのではないでしょうか。

先ほどのお風呂の残り湯が最適なのは、「暖かい」その日のお湯が良いと言いました。

それでは、「お湯と水」どちらが汚れが落ちると思いますか?

ほとんどの人は、水よりもお湯の方が汚れが落ちる、と答えるのではないでしょうか。

正解です。

解説は次でお話します。

なぜ洗濯物には水よりお湯が最適なのか?

食事の後の食器を洗う時の事を思い出してみてください。

お皿の油汚れを洗う時、お湯で洗った方がよく落ちます。

洗濯物もそれと同じです。

更に洗濯洗剤の酵素なのですが、実はお湯を使用した方が成分が活性化し、より洗浄効果も高くなります。

水でももちろん、汚れは落ちますが、お湯ほどではないので可能ならばお湯を使用してみてください。

これによって、嫌な臭いの原因菌を退治できます。

これはお風呂の残り湯よりも「水道から出る」お湯の方が、よりキレイに洗濯物が仕上がりますので、試してみてください。

ただコスト的に毎日洗濯をする、という人はガス代や灯油代が高くなる可能性があるので、数回に一回などに分けてお湯を使用してみましょう。

洗濯物の嫌な臭いには100均の「重曹」が最適!

洗濯物の嫌な臭いには100均の「重曹」が最適!

既に洗濯物に付いてしまった、嫌な臭いはどうやって解消すればいいのでしょうか。

解決方法はたった108円でできます。

100円均一で買える「重曹」を使いましょう。

100円均一もメーカーによって多少重曹の種類や内容量などが違うので、お好みの物を購入すると良いです。

そもそも重曹とは炭酸水素ナトリウムの事で、弱アルカリ性です。

洗濯物の臭いの原因菌である、人間の汗や皮脂などは酸性なので、重曹のアルカリ性が中和し、臭いを消してくれます。

洗濯物の臭いを解消する重曹の使い方

今や重曹は一般家庭でもあらゆる場所の掃除に欠かせないアイテムとなっていますが、洗濯物の臭いを解消するにはどのように使用するのが一番良いのでしょうか。

答えは簡単です。

いつも使用している洗濯用洗剤に重曹を加えて入れるだけです。

加える量の目安としては、水10リットルに対して大さじ1杯程度が良いでしょう。

消臭効果や洗浄効果を高めるために、「クエン酸」を追加すると、より洗濯物がキレイに仕上がり臭いも解消されます。

クエン酸も100円均一で購入できるので、是非チェックしてみてください。

重曹を洗濯に使用する時の注意点

便利な重曹ですが注意点もあります。

重曹は水に溶けにくい性質があるので、重曹を使用して洗濯をする時は「30℃程度のぬるま湯」で洗う事をおススメします。

溶けずに残った重曹が衣類についてしまったり、排水ホースに重曹が詰まる可能性もあるので、必ず溶けやすいようにぬるま湯を使用してください。

そして衣類の素材についてですが、デニム素材を洗う際には注意が必要です。

なぜかと言うとデニム素材に使用されているインディゴ染料には、油分が含まれているのですが、台所の油汚れや水回りの清掃によく使われる事でも分かる通り、油に強く溶かしてしまい、せっかくのデニムが色落ちしてしまう可能性があります。

そのため、重曹を使用する時はデニム素材を避けるか、普通の洗剤で洗う、もしくは色落ちしてもいいように他の洗濯物と色分けするなど工夫して洗濯をしましょう。

洗濯槽の汚れも洗濯物の臭いの原因になるので要注意!

洗濯槽の汚れも洗濯物の臭いの原因になるので要注意!

皆さんは洗濯機をどれくらいの頻度で、クリーニングしていますか?

洗濯物の臭いの原因は何もお風呂の残り湯や、自分の皮脂や汗などのせいだけではありません。

そもそも洗濯をする「洗濯機」が原因の場合もあります。

その原因は主に「カビ」です。

洗濯機の使用後は湿気があるのに加え、洗濯をして出た衣類の糸くずや皮脂、埃が溜まったゴミや残った洗剤カスなど、カビが大好きな要素が満載です。

せっかく洗濯をしても、肝心の洗濯機が汚れていては元も子もありません。

洗濯槽の中は普段私たちの目で見えない所なので、定期的にクリーニングをしないとどれほどの汚れやカビが繁殖しているか分かりません。

洗濯物の臭いどころか、汚れを洗っているはずなのに逆に汚れた水で洗っているようなものなので、定期的にクリーニングをしましょう。

洗濯槽をキレイにする方法

洗濯槽のクリーニング方法ですが、市販でも専用の洗剤が販売されていますので、単純にその洗剤を使用しても良いでしょう。

ですが、洗濯機を購入してから定期的にクリーニングを行ってきたなら、効果はあると思いますが、「つい忘れて長期間クリーニングをしていない」なら、ちょっと待ってください。

1年や半年など長期間の間、クリーニングをしていない場合は洗濯槽がかなり汚れているので、1回のクリーニングではキレイにカビや汚れが落ちません。

ですので洗剤で2回洗うなどしましょう。

特に洗濯機の臭いや汚れが酷い場合は、まず酵素系漂白剤を40℃くらいのお湯で洗浄し、その後に塩素系漂白剤で洗浄しましょう。

殺菌力と洗浄力との両方で、一気に洗濯機の汚れやカビを落として洗濯物に嫌な臭いがつかないようにしましょう。

重曹で洗濯機をクリーニングする場合

洗濯物を重曹でキレイにできるように、もちろん「洗濯機も」重曹でクリーニングができます。

洗濯そのものも、洗剤と重曹を一緒に使用する事でその効果がより強くなる、と先ほどお話しましたが、重曹だけでも洗濯槽をキレイにする事ができます。

  1. まずゴミ取りネットを外し、40度程度のぬるま湯を最大水位まで入れ、1カップ程度の重曹を入れます。
  2. 「洗い」から始め、洗い終わったら数時間つけ置きするために、「すすぎ」はしない設定にし、回します。
  3. 洗いが終わったら、中に重曹が残ったまま放置(できれば夜に回し一晩放置)します。最低でも4~5時間は放置しましょう。
  4. 時間が経ったら蓋を開け、浮いてきたゴミをゴミ取りネットなどですくい取ります。(この時きちんとゴミを取らないと、排水溝に詰まる可能性があるので、残らず取りましょう)
  5. 汚れを取ったら「洗い」を2回程度行い、最後まで汚れをきちんと取ってから排水しましょう。
  6. 最後に最初からもう一度洗いから通常コースで洗濯機を回します。

汚れが出てこなくなるまで何度か洗濯機を回す必要がありますが、汚れが酷い時はつけ置きと洗いを数回繰り返す事で、洗濯槽のカビや汚れを最後まで根絶やしにします。

洗濯機をキレイに使おう

洗濯機をいつもキレイに保つには、色々と工夫が大事です。

  • 洗濯機の中に汚れた洗濯物を溜め込まない
  • 洗濯後は蓋を開けておく
  • 最低1ヶ月に1回は洗濯槽をクリーニングする

洗濯後は洗濯機の中は湿気でいっぱいなので、蓋を閉めているとカビが繁殖しやすいので、換気をするために蓋を開けておく事です。

洗濯物の臭いの原因は雑菌やカビですので、これらをきちんと行い本来の洗濯機の働きをさせましょう。

洗濯の仕方で嫌な臭いを解消!

洗濯物の嫌な臭いの原因や、解消方法などをお話してきましたが、皆さんは思い当たる事はありましたか?

普段よかれと思ってしている事が、実は逆効果だったという事はよくあります。

日常生活においてはできるだけコスパを良くしたいので、ついお風呂の残り湯を使ったり、洗濯機のクリーニングを疎かにしてしまいがちです。

ですが実際に洗濯をしたのに、嫌な臭いがしてまた洗濯し直す事になると、コストも倍かかる事になり結局はマイナスになりかねません。

そうならない為にも普段から定期的に洗濯槽をクリーニングしたり、キレイなお湯を使って洗濯をしたりと、ちょっとだけ気をつけて洗濯をする事で、洗濯物の臭いを防ぐ事ができるので、皆さんがこの記事を読んで何か参考になれば幸いです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)