トイレ掃除のコツ!トイレをキレイにする2つの掃除用スプレーとは?

トイレ掃除のコツ!トイレをキレイにする2つの掃除用スプレーとは?

トイレ掃除はどれぐらいの頻度で行っていますか?

トイレは家族全員が毎日使う空間であり、とても汚れやすい空間でもあります。そのため、トイレが汚れていると使いたくないですよね。

トイレの汚れをそのままにしておくと掃除がとても大変になってしまいます。スッキリ落ちない汚れがあったり、だんだん汚れが落ちにくくなってきたと感じることがあります。

そこで登場するのがいろいろなトイレ掃除グッズです。

現在、お店に行くといろいろなトイレ掃除グッズがあります。

でも、どの掃除グッズがどの汚れに対して効果があるかわからないと感じることはありませんか?

いろいろなトイレ掃除グッズを買いそろえるよりも、2種類の身近にあるモノを使うだけで手軽に掃除をすることができます。

トイレの汚れになる2つの原因

トイレの汚れになる2つの原因

定期的にトイレ掃除をしていても、いつの間にか汚れが落ちにくくなったりしていませんか?

トイレ掃除は汚れを毎回しっかり落とさないと、汚れがこびりついてしまいます。

トイレの汚れの原因は、

.

  • 水垢やほこり、カビなど
  • 尿石

の2つです。

汚れの原因は特別なモノではありません。

水垢だけでも十分汚れの原因ですが、水垢は水が流れるところに沿って付き、水垢とほこりやカビなどが混ざり合うとしつこい汚れの原因になります。

また、尿石は尿に含まれている炭酸カルシウムがどんどん蓄積されて、しつこい汚れの原因になります。

トイレを汚してしまう3つの要因

トイレの汚れの原因が分かれば、原因を無くすことで汚れなくなります。

でも、トイレ掃除をどれでけしていても、だんだんと汚れが落ちにくくなったと感じることがあります。

トイレの汚れが落ちにくくなったと感じる要因は、

  • トイレ掃除が足りない
  • トイレについたキズ
  • トイレのコーティングが剥がれる

の3つです。

トイレ掃除が足りないことに関しては、トイレ掃除の回数を増やすしかありません。

簡単な拭き掃除だけでも行うと、汚れを落としやすくしたり、ニオイの素を取り除くことが出来ます。

トイレについたキズは、日頃のトイレ掃除のときに擦ったりすることでキズができてしまいます。

どうしても汚れを落とすときに力を込めてゴシゴシと擦ってしまいますが、返って汚れを落ちにくくしています。

また、トイレが新しい時は汚れが付きにくいようにコーティングがされています。

でも、掃除をしたり時間が経つにつれてそのコーティングが剥がれてしまい、汚れが付きにくくなって掃除が大変になってしまいます。

トイレ掃除をしないとどうなる?

トイレ掃除をしないとどうなる?

トイレは必ず毎日使うため、すぐに汚れてしまいます。

また、家族に小さな子どもがいるとトイレを失敗してよごしてしまいます。

毎日、トイレ掃除が出来れば汚れもそこまで気になりませんが、トイレ掃除をしないとどうなってしまうのでしょうか?

トイレの中のニオイや黄ばみの原因になる

トイレの掃除をしないと、トイレの中のニオイや黄ばみの原因になります。

トイレのニオイは尿がいつの間にか床などにはねたり、ほこりなどの汚れに雑菌が繁殖をしてニオイが発生します。

また、黄ばみは尿石が結晶化することが原因です。さらに、尿石や尿に雑菌が繁殖をしてニオイが発生します。

トイレのニオイの発生元は5か所もある

どれだけ掃除をしていても、トイレに入るとニオイが気になることはありませんか?

トイレのニオイが発生する場所は、見えている部分や見えている汚れだけではありません。ニオイが発生する場所は、

  • 便座の裏側
  • 壁や床
  • トイレの奥
  • トイレマットや便座カバー
  • トイレと床との接地面

の5か所です。

便座の裏側

便座の裏側には、男性でも女性でも尿はねがあります。

便座の裏側は、座っていてもはねた尿が付きやすい場所です。

便座は尿はねが付きやすい場所であり、男性であればよく上げる場所です。

そのため、汚れていると気持ちよくないため、こまめに便座の裏側は掃除をしておくと、便座を上げる時に安心です。

壁や床

壁や床にはいつの間にか尿がはねて付着しています。

小さい子どもや男性がいると、尿が飛び散ってしまうことがあります。

でも、飛び散っていることに本人は気づいていないため、そのままになってしまいます。

たとえ壁や床の拭き掃除をしていても、尿が飛び散ってから時間が経ってから掃除をした場合、クロスの中に尿が染み込んでしまい拭き掃除だけでは落としきることはできません。

トイレの奥

トイレの奥はほこりが溜まりやすく、スペースが狭いためなかなか掃除をするには大変です。

ほこりは人が動くことで起こる気流で舞い上がり、トイレの隅に溜まっていきます。

舞い上がったほこりには尿がついている場合もあるため、尿がついたほこりがトイレの奥に溜まって雑菌が繁殖してニオイの素になります。

トイレマットや便座カバー

トイレマットや便座カバーがあると、飛び散った尿を吸収してくれるため、床や便座が汚れません。

でも、トイレマットや便座カバーは汚れに気づきにくいため、こまめにきれいなトイレマットや便座カバーに交換をしないと雑菌が繁殖し、ニオイが発生してしまいます。

トイレと床の接地面

トイレと床の接地面はわずかな隙間があります。

そのわずかな隙間にほこりや尿が入り込みニオイを発生させます。

トイレが黄ばみやすい場所

こまめに掃除をしていても、いつの間にか黄ばみがついてしまっていることがあります。

黄ばみの原因も尿石ですが、黄ばみが付きやすい場所は、

  • 便座の裏側
  • 壁や床

の2か所です。

どちらも、トレイのニオイが発生する場所でも紹介した場所です。

尿がつくことでニオイと黄ばみの両方の原因になってしまうため、尿は必ず掃除で落とすことが大切です。

トイレ掃除に必要なものは重曹とクエン酸

トイレ掃除に必要なものは重曹とクエン酸

家族のみんなか毎日使うトイレはとても汚れやすい空間です。

でも、リビングなどの部屋のようにくつろぐことはないため、掃除がおろそかになりがちです。

でも、尿がいつの間にかいろいろなところに飛び散ってしまいニオイが発生したり、落ちにくい黄ばみになってしまいます。

トイレは狭い空間にもかかわらず掃除がとても大変ですが、トイレ掃除が簡単にできる方法があります。

世の中にはいろいろなトイレ掃除グッズがありますが、使うのは「重曹」と「クエン酸」の2種類です。

ただし、重曹とクエン酸をそのまま使うわけではなく、重曹とクエン酸を「ペースト」と「スプレー」にして使います。

重曹とクエン酸を使えない材質もあるので、使う前は目立たないところにつけてみて変色などしないか確認をすると安心です。

重曹の2つの効果

「重曹」はふくらし粉とも言うため、食品としても使われます。

そんな食品としても使われる重曹の効果は、

  • 手あかなどの油汚れを落とす
  • 消臭効果

の2つの効果があります。

重曹は弱アルカリ性の性質のため、性質が酸性の汚れに効果があります。

重曹には消臭効果もあるので、アンモニア臭などの不快なニオイを消してくれます。

クエン酸の2つの効果

「クエン酸」も重曹と同じように食品としても使われます。

クエン酸を食べると「酸っぱい」と感じるように、クエン酸は酸性です。

クエン酸の効果は、

  • 水あかや黄ばみを落とす
  • 抗菌作用

の2つに効果があります。

クエン酸は酸性のため、性質がアルカリ性の汚れに効果があります。

クエン酸には抗菌作用もあるので、消臭効果のある重曹と一緒に使うことで、ニオイを消しながら雑菌を防ぐことができます。

重曹とクエン酸でトイレ掃除用の洗剤を作ろう

重曹とクエン酸でトイレ掃除用の洗剤を作ろう

重曹とクエン酸にはそれぞれ違う効果があることがわかりました。

どちらか一方を使うだけでも効果はありますが、重曹とクエン酸はそれぞれ性質が違うので、一緒に使うと効果がアップします。

では、さっそく重曹とクエン酸の「スプレー」を作ってみましょう。

ここで紹介する分量を参考にして、必要な量を調節して作ってください。

重曹スプレーの作り方

まず、重曹スプレーの作り方です。

作るために準備するものは、

  • 重曹
  • ぬるま湯(40℃ぐらい)
  • 空のスプレーボトル
  • スプレーボトルに重曹を溶かした水を入れるための容器

重曹とぬるま湯をスプレーボトルに直接いれて蓋を閉めて振って混ぜるか、別の容器でまずは重曹とぬるま湯を混ぜてスプレーボトルに入れるか、どちらかの方法で2つを混ぜ合わせて重曹液を作ります。

目安はぬるま湯200mlに対して重曹は大さじ1杯です。

スプレーボトルも1度に作りたい量に合わせた大きさを準備してください。

この時に注意するポイントは、ぬるま湯の量にたいして重曹が多いとしっかり溶けず、スプレーの中で詰まってしまうので、しっかりと溶かしてから使いましょう。

クエン酸スプレーの作り方

クエン酸もスプレーにして使います。まず、作るために準備するものは、

  • クエン酸
  • 空のスプレーボトル
  • スプレーボトルにクエン酸を溶かした水を入れるための容器

クエン酸と水をスプレーボトルに直接いれて蓋を閉めて振って混ぜるか、別の容器でまずはクエン酸と水を混ぜてスプレーボトルに入れるか、どちらかの方法で2つを混ぜ合わせてクエン酸液を作ります。

目安は水200mlに対してクエン酸は小さじ1杯です。

スプレーボトルも1度に作りたい量に合わせた大きさを準備してください。

重曹スプレーとクエン酸スプレーでトイレを掃除しよう

重曹スプレーとクエン酸スプレーでトイレを掃除しよう

重曹とクエン酸にはそれぞれの特徴があります。

どんな汚れを落としたいかで使い分けると効率よくトイレ掃除をすることができます。

トイレ掃除のときに準備するものは、

  • 作ったスプレー
  • 擦るためのスポンジやブラシ
  • キッチンペーパー
  • ぞうきん
  • 手袋

などです。

どのような部分を掃除したいかで準備してください。

重曹スプレーを使ったトイレ掃除

重曹は手あかなどの油汚れを落とす効果や、消臭効果があります。

重曹スプレーで掃除をする場所は、

  • タンクの上や便器のふた
  • 便器の内側
  • 壁や床

などです。

タンクの上や便器のふた

タンクの上や便器のふたを掃除するときは、ぞうきんに重曹スプレーを吹き付けて、拭き掃除をしましょう。

汚れが取れたら重曹液が残らないように別のぞうきんで水拭きをしてください。

便器の内側

便器の内側を掃除するときは、重曹スプレーをまんべんなく吹き付け、3分ぐらいそのままにします。

ある程度時間が経ったらブラシやスポンジなどでこすると汚れが落ちます。

この時に、落ちにくい汚れがある場合は、汚れている部分にトイレットペーパーを当て、そのうえが重曹スプレーを吹き付け、液が流れ落ちないようにします。

しばらく時間をおいてからブラシやスポンジでこすり落としてください。

壁や床

壁や床を掃除するときは、重曹スプレーを吹き付けたぞうきんで拭き掃除をします。

壁や床と同じぞうきんでいいので、蛇口やドアノブも拭き掃除をします。

便器と床の接地面にも汚れがたまり、そこからニオイが発生するため、重曹スプレーを吹き付けた後、使わなくなった歯ブラシでこすり落とすときれいになります。

クエン酸スプレーを使ったトイレ掃除

クエン酸スプレーは、水あかや黄ばみを落としたり抗菌作用があります。

クエン酸スプレーで掃除をする場所は、

  • タンクの水受け
  • 便器の内側
  • 壁や床

などです。

重曹スプレーと掃除する場所はほとんど同じです。

タンクの水受け

タンクに水受けと水が出る部分があるタイプのトイレには、クエン酸スプレーを使って掃除をします。

水受けや水が出る部分にはクエン酸スプレーを吹き付けてスポンジなどでこすり落とすか、クエン酸スプレーを染み込ませたぞうきんで拭き取ります。

もし、しつこい水垢の場合はその部分にキッチンペーパーを当て、クエン酸スプレーを吹き付けて数分そのままにし、3分ぐらい経ったらキッチンペーパーで拭くと落ちやすくなります。

便器の内側

便器の内側の掃除をするときは、黄ばみにクエン酸スプレーを吹き付けてスポンジやブラシでこすり落とします。

それでも黄ばみが落ちない場合は、トイレットペーパーを黄ばみに張り付け、そこにクエン酸スプレーを吹きかけます。

しばらく時間をおくと黄ばみが落ちやすくなっているため、スポンジやブラシでこすり落とします。

壁や床

壁や床のそうじのときは、重曹スプレーで掃除をしてからクエン酸スプレーを染み込ませたぞうきんで同じように拭き掃除をします。

蛇口や洗面台の排水溝のふたについている水垢も、クエン酸スプレーを吹き付けて、スポンジでこすり落とします。

蛇口や洗面台の排水溝のふたの水垢がしつこい場合は、トイレットペーパーを当て、クエン酸スプレーを吹き付けてそのまま置きます。

数分、放置した後にスポンジなどでこすると水垢を落とすことが出来ます。

トイレを気持ちいい空間にしておくためにはこまめに掃除をしよう

せっかく重曹スプレーやクエン酸スプレーでキレイに掃除をしても、何日も掃除をしなければ汚れてしまいます。

家族の人数やトイレの使用頻度にもよりますが、トイレのニオイやしつこい汚れを予防するにはこまめにトイレ掃除をすることが大切です。

今では便器の内側に張り付けるジェル状の洗浄剤や、泡状のスプレーを吹き付けて流すタイプの洗浄剤など簡単に掃除ができるトイレ掃除グッズが販売されています。

しつこい汚れはこすり落としたりしなければいけませんが、簡単に掃除を終わらせたいときには便利なトイレ掃除グッズを使うこともキレイなトイレを維持するためのコツです。

それでも落ちないしつこい汚れはトイレ掃除のプロに任せよう

いろいろな方法でトイレ掃除をがんばっても、どうしても落とすことができない汚れがあります。

自分ではどうしようもできない汚れは、トイレ掃除のプロに任せましょう。

プロが使う道具や洗浄剤は家庭にはない物もあるため、プロに任せると自分でやるよりキレイになるため依頼することもおススメです。

まとめ

トイレは家族が毎日必ず使う場所です。

トイレが気持ちいい空間だと、使うときも気持ちよく使うことができます。

しかし、トイレはとても汚れやすい空間のため、こまめに掃除をしなければ、ニオイが発生したり、しつこい汚れや黄ばみがついてしまいます。

トイレ掃除には重曹スプレーとクエン酸スプレーを使うと、黄ばみや水垢などを落とすことができ、消臭効果や抗菌作用があるためキレイを保つことが出来ます。

毎日、こまめにトイレ掃除をすることで気持ちいい空間を維持することができますが、あまりにもしつこい汚れなどの場合にはトイレ掃除のプロに依頼することもおススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)